スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングに投票する
イギリス情報ブログランキングに投票する
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://londoners.blog39.fc2.com/tb.php/33-9b9b034a

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ロンドン観光情報ブログ イギリスでの生活サイトトップ >風俗・習慣 >>イギリスの花火 ガイ・フォークス・ナイト(Guy Fawkes Night)

イギリスの花火 ガイ・フォークス・ナイト(Guy Fawkes Night)

11月初旬、暗くなり始めると、ロンドンのあちらこちらで花火を見ることができる。

日本では花火といえば夏の代名詞。
めっきり寒くなってからの花火にはやや違和感がある。

いったい何だろう?とイギリス人の同僚に聞いてみたところ、
「ガイ・フォークス・ナイト(Guy Fawkes Night)」と呼ばれる記念日らしい。

ロンドン以外でも北アイルランドを除くイングランド各地で
花火が行われている風俗・習慣そうである。

別名
「ガイ・フォークスの日」、
「焚き火の夜 ボンファイアー・ナイト(Bonfire Night)」、
「クラッカー・ナイト(Cracker Night)」、
「花火の夜 ファイアワークス・ナイト(Fireworks Night)」
とも呼ばれている風俗・習慣。

ガイ・フォークス(Guy Fawkes)とは、イギリス最初のテロリストらしい。
ちょうどロンドンではダニエル・クレイグ主演の映画
「007 慰めの報酬(Quantum Of Solace)」も始まったところで、
同僚は冗談っぽく「007」と言って笑っていた。

ガイ・フォークス(Guy Fawkes)は、1605年に国会議事堂を火薬で爆破し、
国王のジェームズ一世を殺害しようと試みたのだが、結局未遂に終わっている。
当時国王に対する犯罪は重罪で、記載するのもためらわれるほどの極刑が執行された。

原因はローマ・カソリックとプロテスタントの争いである。
いつの世の中も宗教問題による争いはなくならないものだ。

この暗殺が未遂に終わったことを祝っているのが「ガイ・フォークス・ナイト」である。

事実、子供達は「ガイ (Guy) 」と呼ばれるガイ・フォークス人形を曳き回し、
この人形は最後には篝火に投げ入れられて燃やされるそうである。
なんとも無邪気で残酷な風俗・習慣ではないか。

11月5日がガイ・フォークス・ナイト(Guy Fawkes Night)の公式な記念日であるが、
一般的には前後の週末、各地の公園などで花火を鑑賞することができる。

もちろんそこかしこの家の庭でも小規模な花火が行われてもいるのだ。
願わくは深夜の花火だけは近所でないことを祈る。。。

人気ブログランキングに投票する
イギリス情報ブログランキングに投票する
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://londoners.blog39.fc2.com/tb.php/33-9b9b034a

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ロンドン観光情報ブログ イギリスでの生活

プロフィール

Londoners

Author:Londoners
海外赴任により念願のロンドナーとしてのロンドン生活!
ロンドンを含めたイギリス情報をお届けします♪

ランキング

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

最近のトラックバック

ブログ内検索

Londonersへのメール

Londonersにメールをするには
こちらから ⇒ Londonersにメール

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブックマーク登録

QRコード

QRコード

アクセスカウンター

累計 
本日 
昨日 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。